Uber Eats(ウーバーイーツ)の飲食店登録をすることに〜その方法まで

コロナウイルスで世界中が大混乱になってから早くも2年が経とうとしています。
そして、首都圏では幾度となく緊急事態宣言やまん延防止等重点措置、いわゆる「まん防」の繰り返し。
再び、国民は自粛生活をおくることになり、
飲食店は時短要請や休業要請を余儀なくされています。
また、観光業、それに関連する企業も大打撃を受けています。

 

さて、私も喫茶店を20年あまり経営していまして、
この経験したことのない悪夢のような事態に巻き込まれているわけですが
今回、いろんな方々のアドバイスをいただき、
なんとかこの苦難を乗り切るべく、
Uber Eats(ウーバーイーツ)にレストランパートナーに加盟し、
テイクアウト事業に参入することを決意しました。

 

そんな私の経験・経緯を記すことにより、
同じような境遇にある飲食店オーナー様の手助けになればと思い、サイトを立ち上げた次第です。

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは

Uber Eats とは、従来でいうところの出前サービス、宅配サービスをイメージしたらわかりやすいですが
いわゆるフードデリバリーサービスです。
基本的にスマホの専用アプリを使用し、Uber Eats に加盟しているお店の商品を注文し、目的の場所まで配達パートナーさんが配達してくれるというサービスになります。
飲食店と注文者とをUber Eats が仲介することにより、
飲食店側が掲載しているメニューから注文者さんが食べたい料理を選び、
普段お店でしか食べれない料理を、配達パートナーさんに配達してもらい、自宅などで楽しむことができるのです。
コロナ渦で自粛せざるをえない現状で、今もっとも需要のあるサービスの1つです。

 

Uber Eats の仕組み

Uber Eats は、

注文者
飲食店
配達パートナー

の構成で成り立っています。
利用者がアプリを介して飲食店のメニューを注文すると、即座に配達パートナーが店舗へ向い、
出来上がった商品を利用者さんが待っている目的地にお届けするというシステムになっています。

 

そして今回私は、この飲食店側として、
Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店になろうと決めました。
加盟店になることを、
レストランパートナーというそうです。

 

レストランパートナーになるためには、
まずはUber Eats(ウーバーイーツ)のHPより、登録作業をする必要があります。

 

>>Uber Eats のレストランパートナーに登録

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)のレストランパートナー登録と費用について

 

ところで、Uber Eats に出店する際の費用が心配なオーナーさんも多いと思います。
私もそうでしたが
実は、実質0円で始められるんです。
※期間限定のため予告なしで終了する可能性があるためお早めに

 

というのは、
初期費用0〜5万円(変動)
が基本なのですが

※初期費用の内訳

メニュー登録手数料
事務登録手数料
端末設定手数料
導入レクチャー手数料

仮に5万円の初期費用がかかった場合ですが
30回払いとなり、
しかもその金額は売り上げから差し引かれることとなるため
実質の手出しは0円となるわけです。
利用されている飲食店さんのレビューを拝見すると多くのオーナーさんがおっしゃられているのが

 

「これが例えばフランチャイズだったらウン百万の初期費用がかかるところを、
多くても5万円で済むなんてすごい世の中になったよなぁ、

ラッキーとしかいいようがない。。。」

 

ということです。

 

*ただし初期投資がゼロではじめられる現在の仕様は、期間限定のため、予告なく終了することがありますので
お早目の登録をおすすめします。

 

また、実際に商品が売れた際のUber Eats に支払う手数料ですが
これは

商品代金の35%

ということです。
一見高いと思いがちですが
この35%分を上乗せした商品代金に設定すればいいだけの話のようです。

 

もちろん実店舗との価格の差が生まれるわけですが
そこは利用者さんも容器代や配送料を含めた料金だという認識がすでに確立されているようで
さほど心配する必要はないようです。

 

 

さて、Uber Eats のレストランパートナーに登録するには、
店舗情報等、
専用フォームに必要事項を入力する必要があります。

 

レストランパートナーに登録後、Uber担当者より確認の電話確認がきます。
登録内容に間違えなく、登録条件を満たしていれば正式に審査を開始します。

 

 

レストランパートナーを登録後の流れについて

 

登録後の流れについては

 

1,担当者からの電話
2,大まかな概要を教えていただく
3,契約書を交わす作業
4,メニュの作成や商品の写真撮影
5,専用タブレットの設定
6,専用タブレットの使い方の練習
7,Uber Eats(ウーバーイーツ)営業のスタート!

 

となります。

 

 

まとめ

さて、とりあえず登録をした段階ですが
それまでにも沢山、いろんな人のアドバイスを聞いたり、
自分で調べたりしてきましたが
やはりやらないよりはやったほうがいいという結論にいたったので
思い切ってUber Eats(ウーバーイーツ)のレストランパートナーを始めることにしましたが
いまのところ明るい未来のイメージしかありません。
コロナ渦の苦難の現状のまま右往左往するより、まず行動に出たことに意味がありますし、
少なくともウーバーに登録・加盟することはメリットのほうが明らかに多いのです。
その辺も踏まえて、また営業を開始したらちょこちょこ体験談・レビューをアップしていこうと思います。
最後に同じ境遇にある飲食店オーナーの皆様も、登録だけでも済ませておくべきです。
今後もしばらくは店内飲食は厳しくなるのは間違いないですし、
そのための備え、リスクヘッジは早く構築しておくべきです。
現在、首都圏では登録申し込みが非常に多いため、1か月待ちとかの状況らしいです。
ですのでどうせ登録するなら早いに越したことはありませんので。

 

トップへ戻る